仮想cafe & bar じゃばーべ

中国茶、ウイスキー、カレーに関するブログを書き綴っていきます

小庵、上海でお茶を買う!

こんにちは、小庵です
中国茶ライフは始まっていますでしょうか?
今回は、上海訪問の緊急レポートです

f:id:kutokai:20180915113301p:plain

 

 

 

1. 上海へ行ってきました


2018年9月某日、小庵の表の仕事で上海へ出張しました

 

上海は中国の中で最も発展した都市で、中国経済の中心となっています
人口は2400万人(2017年)と東京の約1.7倍
そのため、慢性的な交通渋滞、大気汚染、地価・物価の高騰など、東京以上の都市問題を抱えています
そんな上海へ行ってきました

 

東京-上海のフライトは、3,4時間で、利用客は
ビジネスマン6:中国人観光客3:日本人観光客1
という比率で、ビジネスマンが断然多い印象です
小庵もそこに紛れ込みました

 

小庵は中国語を話せないので、仕事は、日本語と英語と超片言の中国語を駆使します
今回、無事にミッションをクリアし、帰国しました

 

 

2. 上海でのホテル・食事

 

ホテルは、超安宿から超高級ホテルまでそろっています
今回のホテルは、なんと五つ星ホテルでした
部屋は広く、スタッフはとても親切で、快適に過ごせました

f:id:kutokai:20180915114916p:plain

f:id:kutokai:20180915115053p:plain
50階の部屋からの眺め


ホテルスタッフが親切丁寧なのは日本では当たり前ですが、中国ではとてもすごいことです
世界第二位の経済大国になり、生活水準がとても良くなったおかげで?、サービスというものの考え方が変わってきたのかもしれません

 

食事は、中国経済の中心だけあって、上海ではありとあらゆる料理が楽しめます
せっかくの中国出張なので、滞在中の夕食は全て中国料理にしました
中国料理と言っても、広大な国土なので、料理の種類もたくさんあります

などなど

今回は

をご馳走になりました

これらはどれも激辛ではなく、日本人には食べやすい料理ばかりでした

f:id:kutokai:20180915115832p:plain
上海のティンタイフォン

f:id:kutokai:20180917004719p:plain
行列店「人和館」の上海料理

 

 

3. 最終日、いざ茶店


仕事も無事終わり、帰国日
フライトは午後なので、午前中少し時間があり、以前から調べて目を付けていた「天山茶城」に行ってきました

f:id:kutokai:20180915120410p:plain

 

ホテルから歩いて15分と、中国語がわからない小庵にはタクシーを使わずにすみ助かりました
ここはいくつかの建物の中に小売店が並んでいる、お茶のデパートとかショッピングモールといった感じです
上海ナビによると、開店は9時からとなっていましたが、建物には8時半からと書かれていました

 

小庵は8時半前には到着してしまい、ほとんどのお店は開いていませんでした(とは言え8時半に開店する様子のないところがほとんどでした、なので上海ナビの9時開店は、あながち正しいかも)

f:id:kutokai:20180915120722p:plain
開店前の建物内、人通りはほとんどない

 

開店前とは言え建物の入口は開いていたので、どんなお店があるか見ておこう、と、ぶらぶら建物内を散策しました

 

と、一軒のお店がすでに開店していました
目が合うと、サービスいっぱいの笑顔で声をかけてきました
中国語なのでわかりませんが、おそらく
「何をお探しですか?」
という感じかと
開いているお店は他にないし、笑顔いっぱいなので、お店に入ってみることにしました
希望のお茶が無ければ、他へ行けばいいので

 f:id:kutokai:20180915121251p:plain

 

 

4. お店でのやりとり


お店に入ると、何はともあれ、お茶をのみましょう、と勧められます
今回、購入したいと決めていたお茶があったので
品名を書いて、「ある?」というニュアンスの顔をしました
「有るよ、ちょっと待ってて」(推測)と店を出ていきました
すると、別のお店からお茶を持って戻ってきました


あとからわかったのですが、姉妹で別々のお店を経営していて、姉のお店からお茶を持ってきたようでした

 

月光白(Yuèguāng bái)

 

お目当てのお茶です
雲南省の白茶と言われています
日本で飲んで、その甘い香りがとても気に入ったので、購入を考えていました

 

まず持ってきたのは「餅茶 (Bǐng chá)」と言われる円盤状に固めたものです
プーアル茶(普洱茶 Pǔ'ěr chá)は、よくこの形で売られています
運搬しやすくするため、と言われています


そこで、日本で飲んだ時の写真を見せると
「ああ、散茶 (Sàn chá) だね」(推測)とまた店を出ていきました。
固めていない状態を「散茶」といいます

f:id:kutokai:20180915122135p:plain
左が散茶、右が餅茶(茶葉が見える写真を撮ればよかった。。)

 

お店にもどってくると、月光白の餅茶と散茶の両方を見せて
「どっちを飲みますか」(推測)と聞いてきます
指を指して「散茶」を指名
すると、蓋碗を使って手際よく淹れてくれました(一杯目は洗茶しました)

f:id:kutokai:20180915122400p:plain

 

お茶の香り、味を確認します
一杯では不十分で、3,4回は淹れてもらって、味の変化も確認します
蓋碗の中のお茶も見せてもらいます
このときにお店の人は次のような話をします

  • そのお茶の魅力や飲み方
  • その他のお勧めのお茶

もちろんそんな詳しい話を中国語で推測することもできません
いまの時代はスマホがあります
(中国はいまやスマホ大国で、日本のメーカーが撤退していくなか、中国にはたくさんのスマホメーカーがあります)
中国語でしゃべると、日本語に翻訳してくれます
こちらからの質問も、中国語に翻訳してくれます
便利ですね

 

主なやりとりです

  • 香りが良いですね
  • 喉にすうーっと入り、のどごしが良いです
  • これはプーアル茶の一種です(日本では白茶と紹介されていた。。)
  • 芽の部分だけを使います
  • 養壺はプーアル茶の茶壺と分ける必要はありません
  • 他に欲しいお茶はありますか?
  • これはジャスミン茶です(別の商品の紹介)
  • 工芸茶はありますか? あるよ
  • この工芸茶はどのぐらいの大きさのガラス容器に入れますか? このくらい(ガラス容器を見せながら)

と続いていきました

 

 

5. 購入決定

 

30分ほどかけて、会話をしながら、お茶を4,5杯淹れてもらいました
若干、日本で飲んだときより香りが弱いかな、と思いましたが、金額が日本の2/5ほどなのと、
茶葉の香りを蓋碗から嗅ぐと、その甘い香りがしっかりしていたので、購入を決めました
(金額は試飲する前に確認しました)


筆談で
 50g ×2
と記入しました
お店の人も理解してくれ、50gずつ、2つの袋に密封パックしてくれました
(複数に分けることで、お土産として分けられますし、家飲みでも少量ずつ開けられる)
支払いをして完了

 

気になるお値段は、
50gで60元、合わせて120元(日本円で2000円ほど)
でした

 

そして最後に、満面の笑顔で見送ってくれました

 

 

小庵は中国語がわかりませんが、筆談、身振り手振り、そして最強の機器スマホを駆使することで、しっかりとコミュニケーションがとれ、お茶の買い物ができました

f:id:kutokai:20180917005257p:plain

 

あなたも機会があれば、ぜひ挑戦してみてください

 

 

2018年9月
小庵 !(^^)!