仮想cafe & bar じゃばーべ

中国茶、ウイスキー、カレーに関するブログを書き綴っていきます

小庵のカレー名店紹介 (1) 北沢カレー食堂 茄子おやじ

こんにちは、小庵です!

 

今回からカレーに関するブログが始まります

 

シリーズ「小庵のカレー名店紹介

カレーの味はもちろん、お店の雰囲気やリラックスして過ごせるか、も大事と考えています

第1回は下北沢にある、北沢カレー食堂 茄子おやじ、で小庵にとってまさにそんなお店です

f:id:kutokai:20181001093831p:plain

 

 

 

 

下北沢のカレー事情

 

下北沢は屈指のカレー激戦区で、多くのカレー屋さんが集まっています
ちょっと歩くだけで、すぐに見つかります
スープカレーのお店が多い印象です
スープカレーは札幌が発祥という印象ですが、下北沢でも凌ぎを削っています

 

小庵が訪ねたのは8月最後の週の平日昼間で、夏休みも終わり、サラリーマンや学生で人気店は行列だろうなぁ、と思っていました
ところが、口コミで評価の高いお店が軒並み「休み」ではないですか
何件目かのお店に来ると「カレーフェス出店のため」と書かれていて理解しました
今日は昼食を食べ損なった
(カレーでなくてもいいのですが)
とあきらめかけていたとき、
「カレー、やってます」
の立て看板が目に入り、矢印の先にあるお店に吸い込まれていきました
こういう出会いって、結構当たりが多い印象です

 

 

お店の印象

 

かわいい感じの看板、古ぼけた店構え、周りを植物が覆っていて
一瞬、自分の田舎に帰ってきた錯覚になりました
哀愁がある、というわけではありませんが、なんとなく懐かしい感じ
(それを哀愁というのか?)
ほっとする感じ、です

f:id:kutokai:20181001093924p:plain

 

歩き回ったせいで昼時を逸したためか、店内はがらんとしていました
カウンター席とテーブル席があり、カウンター席に座る
メニューは、カレーを選び、サラダやドリンクをセットにするか迷うぐらいです
スペシャル(全部入り)とサラダ+コーヒーのセットにしました

f:id:kutokai:20181001094904p:plain


店内は、シンプルな装飾で、唯一目立つのが、アナログレコードで、心地よい音楽を奏でています

 

 

カレーをいただく

 

ほどなくしてサラダ、カレーと配膳されます
スペシャルの全部入りは、ポーク、ビーフ、野菜で、残念ながらキノコはなかったです
次回はキノコにしようと、心に誓う

f:id:kutokai:20181001101724p:plain

 

と、いきなりスパイスの香りが鼻から脳に、ガツンときました
小庵の家カレーでは、こんなに香りがたたない
どうなってるの?という驚きです

 

味は、スパイスの辛さが程よく、心地よい辛さです
そして、具の野菜が絶品です
店名にあるナス、それからトマト、カレーの具としては少数派ですが、小庵にとっては衝撃のうまさでした
とろっとしすぎてなく、食感が心地よく、ジューシーで、野菜の甘味と酸味がしっかり感じられました
次回は野菜か、キノコかで迷うことになりそう

 

 

食後

 

あっという間の完食
まったりと満足感に浸っていると、食後のコーヒーが出てきます

f:id:kutokai:20181001094622p:plain

 

写真ではわかりにくいですが、大きいカップで、こちらも良い香りを漂わせています
このコーヒーで、まったり感とともに、ゆったりと時間が進みます
混雑しているときはわかりませんが、せわしない感じはお店の人たちにはありません
のんびりと食後を過ごせました
また来たいと感じさせてくれるお店でした

 

偶然入ったお店が満足できたところだと、その日一日が幸せになります

 

 

お店情報

 

北沢カレー食堂 茄子おやじ

〒155-0032 東京都世田谷区代沢5丁目36−8 アルファビル 1F

03-3411-7035

12:00 - 22:00 (21:30ラストオーダー)

f:id:kutokai:20181001095540p:plain

 

 

 2018年10月
小庵 !(^^)!